服を買いに行く時のこと

昔から服屋がニガテだった。

入ると気持ち悪くなって、10分ほどで外に出たくなる。

その原因はおそらく2つあった。

 

僕には姉が2人いる。

買い物に行く時は、姉と母がいることが多く、三者三様なファッションセンスで服を薦めてくる。

そして僕が選ぶものにはケチをつけられることが多かった。

 

幼い頃からウチにはお金が無い、と何度も言われてきて、幼少期には貰いものの服が多かった。

そんなこともあり、あまり自由に服も選べず、最低限だけを、と考えるようになっていた。

 

今となっては服屋に行くのも、買うものも自由に選べるので、それほど吐き気も起こらなくなった。

しかし買いたいものがあっても、お金が無く買えないというのは今でも続いている。

 

ちなみにこれは服屋だけではなく靴屋でも起こっている。

ここらへんが完全に満たされるのはまだまだ先だろう……。

とある同性愛キャラについて

フジテレビで何十年振りかにとある同性愛キャラがバラエティー番組で復活した。
これについて、私の意見を書いていこうかと思う。

このキャラは、口の周りに青髭メイクをし、口をあまり開けないようにウフフと笑う。
ホモなの?と聞かれ、あくまで噂なの、とウフフと笑う。

これの何が問題か、というと
①テレビで扱われる同性愛キャラの希少性
②テレビの中の人たちの、そのキャラへの扱い
③数十年前当時のトラウマの掘り起こし
④今件への否定的な意見への否定
だと思われる。


①テレビで扱われる同性愛キャラの希少性
日本では同性愛や同性愛者をテーマに扱うことは少ない。ドラマなんかだと、“それ”を取り上げることがドラマの一番の目玉になっていたりする。(異性愛者にとってはそれが当たり前なのかもだが)
そんな状況で、バラエティーの同性愛キャラだけが目につく状態であると、自分のセクシャリティに悩み始めた青少年はそのキャラクターが同性愛者の当たり前に感じてしまう。
もちろんそんなことはないのだが、圧倒的に選択肢が少ないのだ。


②テレビの中の人たちの、そのキャラへの扱い
他の共演者はそのキャラクターが出てくると、公園にそんな親父がいた、見かけたら逃げていた、などと発言している。つまり、一般人(この場合の異性愛者)からすると、ホモ(同性愛者)は逃げるべき対象である、と言っているように聞こえるのである。


③数十年前当時のトラウマの掘り起こし
今回の件は特別番組の一回切りであったが、当時は何度もそのキャラクターがテレビに出ていて、家庭や学校で同じような喋り方や仕草の人に気持ち悪いと言葉を浴びせたりあっただろう。かくいう私も家庭でそのようなことが何度もあった。今ではそれほどでもないが、当時は辛い思いを何度も我慢してきた。あんな思いを他の人にはしてほしくないと考えるのは当たり前のことではないだろうか。


④今件への否定的な意見への否定
実際に辛い思いをしている人がいるのに、俺ゲイ(同性愛者)だけどなんとも思わなかった、騒ぎすぎ、差別だと言い過ぎ、発言の自由を奪っている、と言う人がいる。自分はなんとも思わなかった、と言うのは自由だが、今件に否定的な意見や人を否定するのはいかがなものだろうか。あなたが同性愛者であっても、同性愛者の代表ではないのだ。



正直書いてて面倒くさくなったので軽くまとめるが、同性愛をテーマにするな、笑うな、ということではなく、テーマにするなら選択肢が広がるようにもっとたくさんを、同性愛ネタに笑っているときは何に対して笑っているかを考えて欲しい。
そして同性愛者の敵は同性愛者だということだ。


皆さんも胸に手を当てて、誰かの“辛い”を、自分が代表かのように否定していないか考えて欲しい。


まあ私は手を当てる胸が無いんですが。

あの空は綺麗だった

綺麗な夕焼けだ。

 

おもわず学校の窓から携帯で撮影していた。

雲と、空と、山と、夕焼け。

見事な調和でそこに存在していた。

 

下を見ると、彼が部員と談笑しながら校舎に戻って来ていた。

目が合い、彼は手を振ってバイバイと声を掛けてきた。

僕は手を振り返すので精一杯だった。

 

 

 

その日から、これは、という空を撮影するようになった。

 

 

 

彼とは3年目の今でも同じクラスだ。

大した会話もせず、ここまで来てしまった。

けれど、彼の笑顔を見ているだけで幸せだった。

 

 

 

文化祭ではクラスの出し物としてダンスをする。

その練習を河原でしていた。

 

帰り道、彼は自転車の後ろに乗れと誘ってきた。

僕は断ってしまった。

彼は構うことなく強引に後ろに僕を乗せて自転車を漕いだ。

しっかり掴まらないとバランスが崩れてしまいそうだった。

 

グングン進む自転車。

 

秋の匂いと、夕焼け空だった。

 

 

 

あれから数年。

携帯の画像なんて残っていない。

 

けれど、あの空は綺麗だった。

ぼくの背がこんなに伸びた理由

「おねえちゃん!」

両手いっぱいに野草を抱えて走ってくる弟を抱き止める。

「おかえり」

「あのね、森の中で変なおにいちゃんと会ったの!」

弟の後から歩いてくる男。

「こんにちは、いやこんばんはかな」

片手で被っていた帽子を持ち上げ挨拶する男。
私も挨拶を返した。

こんな人里離れた森で男がいるなんて。
わざわざ遠くを選んで来たのに……。



弟は変わっている。

絵を描いている私が、黒色の絵の具が無くなったと言えば、カラスを絞め殺して持ってきた。
家が燃えた時は、持っていたコップの水をかけて見続けていた。

その時目に入ったものでなんとかしようとしてしまうのだ。

いつか他の人に危害が及ぶ……。
そう感じた私は、弟と二人で人里離れた森の中の小屋で住むようになった。



弟と一緒に客人の分まで夜ご飯を作る。

「今日はね、おにいちゃんがいたから木の上の果物も採れたんだよ!」

キラキラとした瞳で話す弟。

「僕もおにいちゃんみたくおっきくなれるかなー?」

男はニコリと微笑む。

「いつかね。それよりこれ運んで」

採れた野草のサラダを弟に渡す。
運ぶ弟の足元を見遣る。

「あんたまたかかと踏んでる。そんなんじゃいつまでも大きくなれないよ。おにいちゃん見てごらん」

弟は男の足元を見る。

「おにいちゃんかかと踏んでない……」

「そうよ」

「そっか……、大きくなれないのはおにいちゃんのかかとが足りないからなんだ……」

虚ろな目で弟は呟いていた。



朝、弟が起きてくる。

「おはよ。ご飯出来てるからおにいちゃん呼んできて」

「おにいちゃんならもう出ていったよ?」

おかしい。朝から男のいる部屋から物音はしなかった。
階段を上がりながら違和感を覚える。

まさか弟が、いやそれを避けてここに移り住んだのに。
一人の男に会ったことで……。

まさか、まさかまさかまさかまさか

扉を開ける。






「みなさーん! 成長期のお子さんの伸び悩む身長に悩んでいませんか?」

フリップを持つ男がいた。

「そんな時にはこのサプリ、グングンノービル! これを飲むと成長期に不足しがちな栄養素を手軽に摂取できる! 満足度99%! 長年愛用されている長谷川さんはこれのお蔭で中学生の息子が学校で

ヤンキーマックと委員長モス

赤髪でチャラチャラして、放課後はいつも寄り道して帰るヤンキーなマック君。
品行方正を心掛けてきた私にとって彼は苦手な人。

でも、惹かれてしまう。

いつも笑顔で誰にでも愛想がよくて、少し危険な匂いがする。
真面目ぶって、お高く止まってる私とは大違い。
今も彼の周りには人が集まってる。(2017年マックの店舗数2898・モスの店舗数1359)

溜め息を小さくこぼし、読んでいた本を片付け教室を後にする。
私も偶には寄り道しよっかな……。



「なーにしてるのっ?」

いつの間にか数人の男に囲まれていた。
この制服は隣町のロッテリ高校だ。
友達の少ない私でも、悪い噂が立っている高校だと知っている。

じりじりと後ずさるが、壁がそれを阻む。
もう逃げられない、そんな時。

「お前ら、何してるんだよ」

赤い髪、怪しげな笑顔。

「うわっ、あいつはマック! 逃げるぞ!」



「何やってるんだよ」

二人きり。
彼の笑顔以外を初めて見た。

「ごめん……」

気圧されて、何故だか謝ってしまった。

「危なっかしいな……」

頭を掻く彼は太陽を背負っていた。
手を差し出して放たれる言葉に、私達の未来が大きく変えられるとは思ってもいなかった。


「お前、俺の傘下に入らねえか?」




-続-

父方と縁を切った話

まず前提として、これから先の話はほぼ伝聞であり、また僕自身に話してもらったことは数少ないので、どこまでが本当かは分かっていない。なので、半分フィクションとして読んで欲しいし、その方があなたの精神衛生上にも良いだろう。

 

 

この話をする前に、父と母の話をしなければならない。

父と母は同じ地区で育った。年齢は6才くらい離れている。

母には消防士の父がおり、みんなから頼りにされる人だった。母は○○さんのところのお嬢さんと呼ばれており、外からはとても良い家庭であった。母の父、つまり僕の祖父は消防士を定年退職した後は地域に出来た空港で働いていたり、亡くなった時はお坊さんが5人くらいでお経をあげたり、その時には県知事の代理の人とかが来ていた。つまりそのくらいすごい人だった。

父のところは、母のところとは逆の方向で有名だったらしく、そこそこお金はあったらしいが、評判は良くなかったらしい。

 

二人の初めての出会いは、集団登下校のようなものだったそうだ。田舎なので、子どもも少なく、学校も遠かったので、園児と小学生が一緒に山を越えて登下校していたらしい。そこで年上として父が母(達?)の面倒を見ていたらしい。

 

父は学年が上がるほどにワルになり、良くない輩とつるんでいたそうだ。

母は幼い頃から家のことをしていたそうで、学校帰りに買い物をし、ご飯の準備をしたりなど日常茶飯事だったらしい(おそらく炊事洗濯もしていた)。また、イジメまがいのこともあったらしい。

 

対照的な二人が再び出会うのは、母がアルバイトをしていた喫茶店。父はそこに訪れてコーヒーを頼んでいたらしい。おそらくこの頃から父は母が好きだったらしい。喫茶店の話は母が何度かしてくれたので、嫌な過去の中で唯一の幸せなことだったのかもしれない。

 

父と母は結婚を考えるようになった。しかしお堅い家と不良。誰からも反対されるのは明らかだった。二人は反対を押し切り、結婚をし、長女が生まれると遠くに引っ越した。次女、そして長男が生まれ、貧乏ながらもなんとか暮らしていた。

 

ある日、父が倒れた。死の淵をさまよっている父の元に、父の親や兄弟が来た。

ベッドで眠っている父を見て、「あら、まだ死んでなかったの? 死亡保険金が入るかもと思ったのに」と吐き捨て、帰って行った。

父は大学のことや結婚のことで家族と喧嘩し、家を飛び出していた。また、死にかけたのはその前にもあった。それらもあり、そのような言葉に母はとても傷付いた。

 

この一件もあり、我が家は父方と完全に距離を取っていた。

しかし、ある日我が家に電話が入る。電話を取ったのは母だったと思う。

相手は父のお姉さんで、両親が離婚して面倒を看なければいけなくなったから、どちらかの面倒を看てくれないかというものだった。

連絡もせず、助けもしてくれず、父の死を望んでいる人たちをどうして助けなくてはいけないのか。

 

父方の祖母はお姉さんに引き取られ、祖父は老人ホームに入ったらしい。

父はその後、老人ホームに行ったらしい。

この話はほとんどされなかったし、定かではない。

 

 

僕にとっての祖父母は母方の一人ずつしかいないし、そのことを悲観したことなどない。ただ、そんな血が僕に流れていることは確かだ。

また、僕たち一家は母方の親族と付き合いがあったが、父をよく思っていない人もいたし、父一人をのけ者にしていたのもあった。祖父が亡くなって親族間の付き合いはほとんどなくなったが、それまで互いの親族に悩まされた父は辛かったのかもしれない。父方からは見捨てられ、母方からは疎まれた。一人だけ血がつながっていないのだから。

 

 

父は職を転々としていて、最近も仕事を変えた。

母は、僕が父の仕事を手伝ってくれるようになるといいな、と望んでいる。

きっと過去のあれこれがあって、家族として、親子として信頼できる関係を父に持って欲しいんだと思う。

僕はまだ精神の問題とか諸々あって、素直に実家に帰れないが、そんな風に親孝行が出来る日が来るといいなと思っている。

 

 

どこにでもあるかもしれない話。

他にもあるけど書ききれなくなるので、今回はこの辺で。

おっさんとビジホでチューした話

まずはじめに言っておきたいのは、タイトルが頂点の記事なので、これから先の盛り上がりを求めないで欲しいということだ。

 

 

僕が自分をゲイであるとほぼ確定させたのは、高校に上がった時だ。

具体的に何かがあったわけではないのだが、そうなんだ、と自分を納得させたのは覚えている。

女の子が好きだったし、好きになったし、好きになられたし、告白もされた。

今ではゲイだと思っているが、本当にそうかといわれれば悩むし、これから先もそうかといわれると困る。だって具体的に何にもないから!

 

とまあ、みんなの頭の中にあるゲイへのイメージ像とは異なるだろうし、おそらくイメージとぴったりな人はなかなかいないのではないだろうか。

私はこの件に関しては三次元的グラデーション説を唱えており……、とこの先は長くなるので又の機会に。

 

そんな高校生活(行間の中にはテニス部に入って半年で辞めて、帰宅部としてぶらぶらしている時に合唱部に拉致られたという内容が入っています)で、とある出会い系チックなサイトに登録していた。

 

ちなみにこのサイトはお仲間の紹介がないと登録できないもので、プロフィールを書いたり、掲示板で共通の話題で盛り上がったりするものだ。あるブログサイトの掲示板で知り合った人に紹介してもらい、高校の頃に登録した。

後に誰でも登録できるようになり、興味本位の人や女子などに荒らされ今では閉鎖した。まあそれだけでなく、スマホが出てきてアプリに人が流れたことも大きいのだろうが……。

 

そのサイトでおっさんからメッセージが来た。たしか、こんにちはーとか、どこ住んでるのーとか、そんな感じだったと思う。

そのやりとりの中で、○日に××県(僕の住んでる県)に泊まりで行くので会えませんか、というメッセージが来た。

ソッチの人に会ってみたい気もするが、襲われたりしたらどうしようとか、学校や周りにバレたらどうしようとか考えてしまいなかなか決断できなかった。

(かくにちゃんは貞操観念が強かったのです……!!!)

 

そんな時、なにがきっかけだったか、僕が合唱部に入る最後の一押しとなった当時副顧問だった女性教師にこのことを相談した。

するとゲイの知り合いいるし色々知ってるけど、まずは会ってみたら、と提案された。

今考えると、先生という立場として、生徒によくわからん大人と会うことを勧めるのはどうかと思うが、この件もあっておっさんと会うことにした。

 

メッセージのやりとりで、相手の泊まっているビジネスホテルに行くことになった。

知らない人で、しかも初めてのホテル、緊張しないわけがない。(実際には遠征などでホテルに泊まったことありました)

 

部屋番号を教えてもらって、そこを訪ねた。

おっさんがどんな人だったか気になると思うんですが、残念ながら、全く、これっぽっちも、寸分も、ミリで、覚えてねえ!!

タイプじゃなかった気はする。まあ、おっさんイケルかなって思い始めたのも最近だし仕方ない。

 

入って椅子に座らされて、可愛いねーとか、部活何してるのーとか聞かれた気がする。

その後に訪れる静かな空気。

恋愛経験の無い俺でも分かる、この後の不穏な流れ。

 

おっさんは俺にキスをした。

良いとか良くないとかじゃない、よく分からないが頭を流れる。

どちらかというと嫌かもしれない、けど断りづらくね? 拒否れなくね??

と思考がとっちらかってるところに舌が来た。

 

すみません

そう言って拒否していた。

おっさんは、この先は止めとこっか、といって離れた。

なんだかおっさんがペットボトルから飲み物を飲むのを見るのが嫌だった。

 

これからご飯に行かない? と誘われて、今ではどこにあるかも覚えていない韓国料理屋に入った。

そこで食べた料理がどんな味で、どんな会話で間を持たせたのかも覚えていない。

 

奢ってもらって、お店の前で別れた。

僕の中ではゲイの人とオフしたという事実だけが残った。

 

今思えば、おっさんは乱暴なこともせず、右も左も分からない若造の“初めての人”になってくれた優しき人だったのかもしれない。

ただ単におっさんのタイプではなかっただけかもしれないが。

ありがとう、おっさん! ありがとう、名も顔も覚えていないおっさん!

 

そんなこんなで、初オフも、いい年になってからの初めてのチューも捧げたおっさんとの話でした。

 

 

後日副顧問の先生にはどうだったの、と聞かれましたが、笑って返すことしかできませんでした。

 

ちなみに、大学生になってからも色んな人とオフしてあれやこれやあったけど、これはまた別の機会で……。